Gメン’75 第205話「新Gメン対ニセ白バイ警官」

gmen20501.jpg
警視庁交通機動隊所属の田口巡査(千葉裕)はガールフレンドの亜子(遠藤真理子)と牧子(鳥居恵子)が経営するスナックで休息中に自分の白バイを何者かに盗まれてしまう。その直後、警察官の給料を運ぶ現金輸送車が襲撃され2億7000万円が強奪される事件が発生。

gmen20502.jpg
東京サミット警備の下調べのためたまたま現場近くに居合わせたSPの関警部補(小林稔侍)と部下の村井(有希俊彦)は犯人の1人を射殺する。Gメンの立花警部(若林豪)、警視庁の小田切警視(夏木陽介)らも現場に急行。犯行に使われた白バイは田口のものだった。

gmen20503.jpg
やがて射殺された犯人の身元が交通課の元警官の上島と判明。上島と遊佐(佐藤仁哉)、里見(南城竜也)の3人は田口の同期だったが白バイ隊の選抜から漏れた不満で警察を辞めていた。Gメンは遊佐と里見を緊急手配。
里見がクラブのボーイしているのを発見した中屋刑事(伊吹剛)はGメン本部に報告して立花の到着を待つ。だが謹慎中の田口が強引に乗り込もうとしたため里見に悟られてしまう。更に何故かSPの関と村井までやって来て中屋に指図、関が単独でクラブに乗り込む。

gmen20504.jpg
関は里見のライフルを撃ち落とすが、油断した関に里見が拳銃を向ける。その時、関を救ったのはクラブ歌手として落ちこぼれ警察官を潜入捜査していた国際刑事部の津川蛍子警部補(夏木マリ)だった。

gmen20505.jpg
遊佐は亜子を人質に取り、検問で待ち構えていた関を車で跳ね殺して逃走。立花、中屋は遊佐を空港近くの空き地に追い詰める。
村井を制した田口は立花から銃を受け取って遊佐と対峙。引鉄を引いた遊佐に田口が撃ち返し、遊佐は倒れた。
事件後、津川、村井、田口は新メンバーとしてGメンに加入する。

DVD「Gメン’75 FOREVER」Vol.3に収められたエピソード。 このDVDは各刑事の登場及び退場編のみが収録されたマニアックなセレクションなので、登場したかと思えばすぐ退場の繰り返しで慌ただしい。 しかもGメンは一度にメンバーが大幅に交代するので今回の登場編には3人が一挙登場。内容もかなり支離滅裂です。
まず田口。勤務をさぼってキーをかけっぱなした白バイを盗難されただけでも十分懲戒に値するはずですが、その白バイが犯罪に利用され、そのうえ謹慎中にも関わらず無断で行動してGメンの捜査を妨害。なのに免職どころかGメンに昇格?
次に村井。サミット警備担当のSPが任務そっちのけで一般事件を捜査すること自体がまずおかしいのですが、それでも関警部補が手腕を見込まれてGメンに引き抜かれる分にはまだ筋が通ります。しかし村井は何もしていない上に関の足を引っ張って見殺しにした未熟な若造に過ぎないのに、どんな理由でGメン入りしたのかわかりません。
津川も国際刑事局の警部補が落ちこぼれ警察官を捜査するのは管轄違いも甚だしい。
所詮作り事だと言ってしまえばそれまでですけど、Gメンの結成時(第1話)や立花、中屋、速水登場時(105話)のエピソードでは各々加入の経緯がそれなりに納得行く描かれ方をしていただけに落差が目立ちます。これ、205話と言うとちょうど4年目ぐらいのエピソードなので、年を経るに連れだんだん質が低下して行ったってことなんでしょうかね。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: Gメン75

テーマ:懐かしドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR