点と線

tentosenop.jpg
1958年/東映/小林恒夫監督
出演/南廣、高峰三枝子、山形勲、加藤嘉、志村喬、河野秋武、堀雄二、三島雅夫、月丘千秋、ほか

tentosen01.jpg
冬の博多郊外、香椎の海岸で男女の死体が発見される。男は産工省の課長補佐・佐山(成瀬昌彦)、女は東京赤坂の料亭小雪の女中・お時(小宮光江)と判った。
心中と見られたが鳥飼刑事(加藤嘉)だけは疑問を持つ。

tentosen02.jpg
一か月後、東京の警視庁捜査二課から三原警部補(南廣)が福岡にやって来る。死んだ佐山は汚職事件の鍵を握っていた人物だった。三原は鳥飼の話を聞くうちに心中が偽装ではないかと思い始める。

tentosen03.jpg
だが佐山とお時が東京駅で博多行の特急「あさかぜ」に乗るところをお時の同僚の八重子(月丘千秋)ととみ子(光岡早苗)、馴染み客の安田(山形勲)の3人に目撃されていた。

tentosen04.jpg
調べてみると3人のいた13番線ホームから15番線の特急「あさかぜ」が見通せる時間は1日でたった4分間しかなかった。
東京駅の駅員は「仮面ライダー」の地獄大使こと潮健児。

tentosen05.jpg
三原は安田に疑いを持つが、当時は北海道へ行っていたと言う完璧なアリバイがあった…。

推理ブームを呼んだ松本清張の同名小説の映画化。
清張映画と言えば松竹のイメージですがこれは東映の作品。中身は平凡です。
物語の中心はアリバイ崩しですが、解けてみればアリバイは全て他人名義と言う他愛のないものなので謎解きの妙味はない。 社会性も他の清張物に比べると薄いし、共犯の妻の心理描写も不足。
原作の筋にはほぼ忠実ですが、清張の小説ってドラマチックな要素が希薄なためそのまま映像化してもさほど面白くならないのです。
ちなみに香椎駅周辺は現地ではなく近場でロケしたらしいし、札幌ロケにも俳優陣は行っていないでしょう。なので北海道から九州まで舞台が広い割にスケール感には乏しく、トラベルミステリーとして楽しめる部分も少ないです。

tentosen06.jpg
俳優としては新人だった南廣。演技は下手です。

tentosen07.jpg
当時40歳の高峰三枝子が28歳の役はいささか苦しかった。

tentosen08.jpg
かろうじてこの映画を支えたのは山形勲の悪人振りと、

tentosen09.jpg
刑事役の加藤嘉、志村喬、河野秋武ら老練な脇役陣。
スポンサーサイト

にほんブログ村

にほんブログ村

関連タグ: 松本清張 東映

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR