特捜最前線 第333話「一円玉の詩!」

tokusou33301.jpg
仕事帰りにスーパーで買い物をする一人暮らしの紅林(横光克彦)。
ちなみに「デンターライオン」を手に取る場面がアップになるのは番組スポンサーだったから。

tokusou33302.jpg
そこで女店員(好井ひとみ)からお釣りとして渡された一円玉を「いらない!」と床に叩きつけるクソガキとその母親を目撃。女店員は一円玉を大切そうに拾い集める。

tokusou33303.jpg
その夜、紅林の自宅近くでタクシー運転手(江幡高志)が殺害される。所轄署の刑事(睦五郎)に迷惑がられながら事件に首を突っ込んだ紅林は、車内に一円玉が散乱しているのが気になるが、所轄の刑事は「客が落としたか捨てたんだろう。いまどき一円玉なんて紙屑同然」とにべもない。

tokusou33304.jpg
所轄が逮捕した暴力団員は売上金を奪ったことは認めたものの、殺人は否定する。納得がいかない紅林は現場付近の草むらで一円玉のぎっしり詰まったスーパーの紙袋を発見。更にその近くに佇んでいる先日の女店員・中村明子を目撃する。

tokusou33305.jpg
明子は事件や一円玉との関わりを否定するが、現場のスーパーの袋から彼女の指紋が検出される。明子は事件当夜、バイクに跳ねられた近所の少年を病院に運び込んで、同じく近所に住む松本老人(稲葉義男)とともに看病していたという。

tokusou33306.jpg
二人が知り合ったのは、上京したばかりの明子が定職屋で料金が5円足りずに困っていた時に、松本老人が助けたのがきっかけだった。その後鍵っ子の少年とも心を通わせ、老人は三人で集めた大量の一円玉を自宅に貯め込んでいた。

tokusou33307.jpg
紅林と橘(本郷功次郎)が老人宅を捜索しようとした時、明子が特命課に自首して来る。明子は明らかに老人をかばっていた。老人は明子の自首を知り犯行を自白する。

tokusou33308.jpg
事件の夜、少年の事故を知った老人は貯めていた一円玉を紙袋に入れてタクシーで病院に向かう。だが運転手は「いまどき一円玉なんてクソの役にも立たない」と一円玉での料金支払いを拒否。一円玉に自らの境遇を重ね合わせていた老人は、一円玉を蔑ろにされた怒りで運転手を殺してしまったのだ。

これがDVDセレクションに収録されている理由は、うがった見方をすれば「悪い見本」として選ばれたんでしょうか。
異常なまでに一円玉が蔑まれているんですけど、 「一円玉が紙屑同然」なんて社会常識は消費税導入前の30年前にもありませんでしたよ。現にスーパーでの買い物には一円玉が付き物だったことがこのドラマにも描かれているじゃないですか。と言うか、この脚本家って自分では滅多にスーパーで買い物をしない人だったんじゃないかとすら思えます。たまーに買い物した時にお釣りで一円玉を貰ったが、その後は買い物しないので邪魔でしょうがない、と言う人の感覚ですよ、これは。少なくとも毎日買い物している者なら一円玉に使い道ない、なんてことにはならない。まして「紙屑同然」なんて思いもよらないことです。
そう言う世間知らずな脚本家だからこそ(って決めつけてるがw)、一方で「一円玉を大切にする=年度別に分類して収集する」と言う変な発想になるんでしょうね。現実に貨幣として流通している一円玉を、まるでマッチの空き箱か空き瓶のフタか何ぞと同じのように見做しています。松本老人には一円玉に思い入れを抱く特殊な個人的経緯があるわけでもないし、とにかく「一円玉は役立たず」「老人も役立たず」と言う頭デッカチな決めつけから組み立てているもんだから話が薄っぺらく、最後まで見ても何の感情もわかない。上っ面だけ特捜らしさを出そうとすると滑ってしまう、典型のようなお話です。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 特捜最前線

テーマ:懐かしドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR