ゲゾラ ガニメ カメーバ 決戦!南海の大怪獣

nankainodaikaijuop.jpg
1970年/東宝/本多猪四郎監督
出演/久保明、高橋厚子、小林夕岐子、土屋嘉男、佐原健二、斉藤宜丈、当銀長太郎、藤木悠、中村哲、ほか

nankainodaikaiju01.jpg
フリーカメラマンの工藤太郎(久保明)は取材旅行の帰途、機内から行方不明の木星探査ロケット・ヘリオス7号が太平洋上に落下するのを目撃。

nankainodaikaiju02.jpg
工藤は帰国後、リゾート開発会社からの依頼で宮博士(土屋嘉男)、星野アヤ子(高橋厚子)と共にセルジオ島へ向かう。途中、自称・世界風俗研究家、実は産業スパイの小畑(佐原健二)も一行に加わる。

nankainodaikaiju03.jpg
セルジオ島に到着した一行は早速大洞窟の調査にのり出したが、海からイカの怪獣ゲゾラが出現。駐在員の横山(当銀長太郎)を襲ったゲゾラは島の青年・リコ(斉藤宜丈)も狙うが、コウモリの群れが現れると何故か海中へ逃げていった。

nankainodaikaiju04.jpg
一行は記憶喪失となったリコを連れて彼の恋人のサキ(小林夕岐子)とともに島民の部落へ移動。

nankainodaikaiju05.jpg
翌日、近海を調査していた工藤と宮博士は海中でヘリオスを発見。そこへゲゾラが出現して二人を襲撃するが、イルカの群れが近づくとゲゾラは島へ上陸して部落を襲う。

nankainodaikaiju06.jpg
工藤らは島民と協力してガソリンと銃でゲゾラを攻撃。ゲゾラは全身を焼かれて死亡。

nankainodaikaiju07.jpg
その夜、今度はカニの怪物ガニメが出現。工藤たちは戦時中に日本軍が残した弾薬庫もろともガニメを爆破するが、ガニメの体から動き出た宇宙生物は小畑の体内に侵入する。

nankainodaikaiju08.jpg
記憶を取り戻したリコの話と、海中調査の時にはゲゾラがイルカを嫌ったことから、宮博士は宇宙生物の弱点が超音波であると判断して洞窟にコウモリを探しに出かける。

nankainodaikaiju09.jpg
コウモリを探し回る工藤とアヤ子の前にカメの怪物カメーバが出現するが、二人が咄嗟に逃げ込んだ洞窟でコウモリを発見。一同はコウモリが逃げないように洞窟にふたを付ける。

nankainodaikaiju10.jpg
宇宙生物に体を乗っ取られてしまった小畑が洞窟内のコウモリに火を放とうとする。だがアヤ子の必死の説得が小畑の人間としての心を動かしコウモリを外へ放った。

nankainodaikaiju11.jpg
ガニメとカメーバはコウモリの超音波で発狂し同士討ちを始める。二匹は火山のふもとで死闘を演じたが、やがてやがてもつれ合いながら火口へと転落。そして小畑も体内の宇宙生物を道連れに自ら火口へ身を投げた。

これも映画館で見たな。例によって内容は忘れたけど島民が踊るシーンだけ覚えてた(踊りの音楽が「キングコング対ゴジラ」と同じ)。 子供向けだった前年の「オール怪獣大進撃」から一転して本格的な怪獣映画になっています。ゴジラが出ないことや予算の掛かる都市破壊を避けて南海の孤島を舞台としたことで地味な印象ですけど、久保明、佐原健二、土屋嘉男の常連トリオにアンドロイド01の小林夕岐子や高橋厚子が出演して花を添え、新怪獣のゲゾラ、ガニメ、カメーバはそれぞれ造形で人間が入っている感を上手く処理し、黄金期を支えた特撮スタッフが最後の意地を見せた作品です。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 東宝

テーマ:特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル:映画

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR