雅羅倶多館

1960~80年代のテレビドラマや映画を中心にあらすじや感想を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連タグ:

『江戸川乱歩傑作選』を読む角川春樹


寝そべって文庫本を読む男・・・
kindaichikosukenoboken02.jpg
若き日の角川春樹である。
kindaichikosukenoboken03.jpg
1979年のパロディ映画「金田一耕助の冒険」(大林宣彦監督、角川春樹事務所製作)の一場面だ。
kindaichikosukenoboken07.jpg
自ら仕掛けたブームに終止符を打つかのように、この映画では金田一耕助そのものを徹底的に茶化し、角川春樹自身も団地の亭主役と本人役の二役で出演して横溝正史とも共演している。

それはともかく、さっき角川春樹が読んでいた文庫本は新潮文庫の『江戸川乱歩傑作選』である。
ramposhincho.jpg kindaichikosukenoboken04.jpg
長いこと、このカバーだったと思うが、いつのまにか今は装丁が変わってしまったようだ。
1960年初版で、ちなみに自分が持っているのは74年の22刷である(定価は180円!)
横溝映画の中で、新潮文庫の乱歩を角川書店の社長が読んでいると言うのも悪趣味だが、と言って当時乱歩作品が角川文庫に入っていなかったわけではない。
今では光文社文庫版の全集をはじめ迷うほどいろいろな出版社から乱歩作品が文庫化されているが、その頃は角川文庫と春陽文庫が少年物を除くほぼ全作品を収録していた。
majutukado.jpg syunyorampo.jpg
角川文庫(73~75年初版)は全20冊、春陽文庫には『江戸川乱歩名作集』(62~73年初版)全11巻と『江戸川乱歩長編全集』(72~73年初版)全20巻があった(今は絶版)。
ちなみに自分は講談社の全集(78年版)を揃えたため文庫ではあまり買わなかったのだが、どちらを選ぶかと言えば、角川のほうがメジャーだし、解説と年譜が付いているので便利だろう。 ただ、ひとつだけ春陽が優って?いる点があった。
それは春陽文庫では「盲獣」の完全版が読めたからだ。
乱歩は61年に生前最後の桃源社版全集を改訂した際に、「盲獣」の「鎌倉ハム大安売り」と言う章を「作者の私が吐き気を催すほどだ」として 削除してしまったため、没後の角川文庫や講談社の全集にも、この章がなかった。 ところが春陽文庫だけは、削除前の59年に出版されていた自社全集が底本だったので、「鎌倉ハム大安売り」も載っていたのである。 今では創元推理文庫や光文社文庫版の全集にも収録されているようである。

関連タグ: 江戸川乱歩 横溝正史 角川映画

テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

映画俳優としての横溝正史

と書いたが、別に横溝正史が本当に俳優になったわけではない。単に原作者として自作の映画化に特別出演しているだけなのだが、それでも出演作が4本あれば立派な映画俳優だろう。
デビュー作は角川映画の第1弾でもある1976年10月公開の「犬神家の一族」である。
横溝によれば、角川春樹の「監督が、ぜひワン・カットでいいから出て欲しいと言っている」と言うニセの伝言を 「商魂たくましきハリキリ社長の謀略」とも知らずに真に受けて乗せられ、夫人ともども出演することになった。

役柄は金田一耕助(石坂浩二)の宿泊する旅館「那須ホテル」の主人で、石坂、そしてホテルの女中役の坂口良子と絡むシーンがある(夫人は台詞なし)。
inugamikenoitizoku0322.jpg
ちなみにデタガリ社長の角川春樹も刑事役で映画初出演。こちらはこの後も「人間の証明」「柳生一族の陰謀」など70年代の角川映画には殆ど出演している。
yatsuhakayokoku.jpg
横溝のほうは「八つ墓村」(松竹)の予告編に原作者として監督の野村芳太郎と対談する形で出演しただけで、しばらく"俳優活動"は途絶える。
しかし1979年1月、角川春樹事務所が製作した「悪魔が来たりて笛を吹く」で久々に映画出演した。テレビCMでは「わたしは、この恐ろしい小説だけは、 映画にしたくなかった」と懸念していただけあって、映画の出来が心配だったのだろうか。
akumagakitarite01.jpg
闇市の雑炊屋の親爺役で、画面に映っている時間はそこそこ長いのだが、それ以上にデタガリ社長が前の方で大きな顔をして芝居をしているために、あまり目立たなかった。
byoinzaka0221.jpg
更に4ヵ月後の79年5月には早くも東宝の「病院坂の首縊りの家」に立て続けで出演を果たしている。 石坂金田一シリーズも「これで最後」と言うことでその花を添えるべく、老推理作家役で再び夫婦揃って冒頭とラストのシーンに出演したのである。
今度は夫人にも台詞があり、横溝自身も出演3作目ともなればカメラ慣れしてきたらしく、パンフレットに載っていた石坂の談話では、 長台詞にもかかわらずアドリブも交えるなど余裕綽々だったようである。
kindaichikosukenoboken07.jpg
これで俳優引退かと思いきや、負けじと、"こちらこそ本家"と自負する角川春樹事務所がその後にもう一度「金田一耕助の冒険」(79年7月)に引っ張り出した。 「金田一耕助の冒険」の原作者"横溝先生"の役で、角川春樹本人から原作料としてトランクいっぱいの札束を受け取るも「中身は薄いですな」と呆れる。 そして最後に一言、
kindaichikosukenoboken06.jpg
「私はこんな映画にだけは出たくなかった」


関連タグ: 横溝正史 角川映画 東映 東宝

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

スタジオはてんやわんや その2

前回の続き
tenyawanya0300.jpg
後半はいよいよかくし芸大会。
tenyawanya0301.jpg tenyawanya0302.jpg
まず高松英郎と船越英二の漫才から。続いて「荒城の月」を独唱する川上康子。
tenyawanya0303.jpg tenyawanya0304.jpg
川崎敬三のドラムと川口浩のマリンバ。川口は少し緊張気味。
tenyawanya0305.jpg tenyawanya0306.jpg
タキシード姿で「名月赤城山」を歌う黒川弥太郎と、新曲を披露する三益愛子。
tenyawanya0307.jpg tenyawanya0308.jpg
「哀愁列車」を品川隆二とデュエットするこの女優がどうしてもわからない。
tenyawanya0309.jpg tenyawanya0310.jpg
ひよこのコスプレで「ミネソタの卵売り」を踊る八潮悠子と若松和子。これはちょっと恥しいかも。
tenyawanya0311.jpg tenyawanya0312.jpg
「湖水物語」を歌う山本富士子。トリは林成年、市川雷蔵、勝新太郎による日舞。
tenyawanya0313.jpg tenyawanya0314.jpg
フィナーレには東西オールスターが勢揃い。
川口浩、川上康子、品川隆二、市川和子。川崎敬三、近藤美恵子。
tenyawanya0315.jpg tenyawanya0316.jpg
見明凡太朗、星ひかる、鶴見丈二。浜口喜博、入江洋佑、月田昌也。
tenyawanya0317.jpg tenyawanya0318.jpg
後ろは橘公子、手前は若杉曜子?真ん中はわからん。手前は夏目俊二、2人目は舟木洋一、3人目の紋付姿は高倉一郎?
tenyawanya0319.jpg tenyawanya0320.jpg
中村玉緒と浦路洋子。雷蔵と勝新。
tenyawanya0321.jpg tenyawanya0322.jpg
山本富士子と若尾文子。根上淳と菅原謙二。
tenyawanya0323.jpg tenyawanya0324.jpg
そして最後は京マチ子と長谷川一夫御大。
tenyawanya0325.jpg


関連タグ: 大映 市川雷蔵 勝新太郎 長谷川一夫

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

スタジオはてんやわんや その1

tenyawanyaop.jpg
1957年(昭和32年)1月に公開された大映のプロモーション映画で、大映スターが総出演で東西撮影所の紹介やかくし芸を披露するバックステージ物。普段は見れないスターの素顔が見れる!・・・と言っても、実際は全て脚本があるのだが、有名スターだけでなく脇役端役の俳優さんも結構映り込んでいるので大映俳優オタにとっては貴重な作品である。尤も自分も50年代の俳優には疎いので、どれだけ判別できるかわからないが。
tenyawanya0101.jpg tenyawanya0102.jpg
OPクレジットのバックで踊るのは立花宮子と矢島ひろ子?もう一人はわからない。
前半は東京撮影所編。
まず、芝生の庭で雑誌社のインタビューを受ける根上淳と若尾文子が登場。
tenyawanya0103.jpg tenyawanya0104.jpg
若尾ちゃんは「いかにも台詞を言ってます」と言う感じで少しぎこちない。
実は記者とカメラマン役も俳優さんで、記者役は津田駿二、カメラマン役は不明。
tenyawanya0105.jpg tenyawanya0106.jpg
続いてスタジオのスクリーンプロセスで演技する釣り人姿の星ひかる、アベックの男は梅若正義(正二)だと思うが、女は近藤美恵子かしら。
アフレコ風景は左から月田昌也、八木沢敏(北城寿太郎)、北原義郎、そして右端は小山内淳。後ろのメガネはわからない。
tenyawanya0107.jpg tenyawanya0108.jpg
左の女優はたぶん南左斗子。
指示をするスタッフ役も俳優だと思うけどこの女性はわからないなあ。帽子の女性は苅田とよみ、真ん中のメガネは酒井三郎、右端は飛田喜佐夫かしら。
tenyawanya0109.jpg tenyawanya0110.jpg
台詞の稽古をする小野道子と話す高松英郎と船越英二。
tenyawanya0111.jpg tenyawanya0112.jpg
そこへやって来たのが見明凡太朗で、ビスタビジョン用の大型カメラが到着したことを告げる。
大映自慢のビスタ用カメラを囲むエキストラの俳優たち。カメラの右横に見える顔は佐々木正時。
tenyawanya0113.jpg tenyawanya0114.jpg
中央の赤いセーターは八潮悠子、黄色いセーターは藤田佳子(悠木圭子)のようだ。左上に頭を突き出しているのはまだデビュー前だった柴田吾郎こと田宮二郎。
杉田康と鶴見丈二、その後ろに田宮と同期の石井竜一。
tenyawanya0115.jpg tenyawanya0116.jpg
見学の学生との記念撮影に応ずる京マチ子。学生役も俳優だと思うけど誰だかわからない。
かくし芸大会の準備のため京都に先乗りする市川和子を見送る浜口喜博、川口浩、近藤美恵子、川上康子、川崎敬三。
tenyawanya0201.jpg tenyawanya0202.jpg
中盤は京都編。
京都撮影所にやって来た市川和子と話す勝新太郎。右は春風すみれ?真ん中は誰かなあ。。
見学者を案内する阿井美千子。見学者役もたぶんエキストラの俳優さん。
tenyawanya0203.jpg tenyawanya0204.jpg
颯爽と撮影所に現れた木暮美千代。窓越しに話しているのは舟木洋一か。
tenyawanya0205.jpg tenyawanya0206.jpg
衣裳合わせするのは右が若杉曜子、もう一人はわからない。そこへ入って来たのは浦路洋子、その左は若松和子?
tenyawanya0207.jpg tenyawanya0208.jpg
長刀の稽古を指導するのは小林加奈枝。結髪室で話すのは手前が大美(近江)輝子、奥が橘公子。
tenyawanya0209.jpg tenyawanya0210.jpg
床山室の潮万太郎と千葉登志男(敏郎)。殺陣の撮影中の市川雷蔵。
tenyawanya0211.jpg tenyawanya0212.jpg
野球に興じる長谷川一夫と林成年の親子。バッターは本物のスタッフか俳優か?
後半は来年に続く。

関連タグ: 大映 市川雷蔵 勝新太郎 長谷川一夫

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

「日記」に見る横溝正史ブームの裏側


所謂「横溝正史ブーム」の頃には、横溝の小説だけではなく、エッセイ集も何冊か出ていた。
その中の一冊、『真説金田一耕助』は、毎日新聞の日曜欄に1976年(昭和51年)の9月第1週から翌年8月最終週まで51回に渡って連載されたエッセイをまとめたものである。77年12月に毎日新聞社から刊行され、後に角川文庫にも収録されている。
横溝のエッセイ集を全て読んだわけではないが、内容的には他のエッセイや対談等と重複する話も多いようである。とは言え、時期的にちょうど映画「犬神家の一族」の公開やTV「横溝正史シリーズ」の放映などブームの絶頂期にあった著者が自作の思い出や秘話などを語ったエッセイと言うことで、 それなりに読み応えのある内容だろう。
ただ、もしこの本を未読の横溝ファンが今後古本での購入を考えているならば、是非、角川文庫版ではなく毎日新聞社版の方を捜し求めるようにお勧めしたいと思う。 と言うのも毎日新聞社版には、76年8月22日から77年8月20日まで1年分の横溝の「日記抄」が収められているからである(角川文庫版では削除されている)。
横溝によれば、毎日新聞社から単行本化するにあたって、分量が足りないので日記を入れたいと要請されて仕方なく応じたもので、 日記の中にも「こっちは迷惑千万だが、つい安請け合いしてしまってホトホト後悔している」と正直に記されている。 なお、「日記抄」となっているのは本書の「あとがき」でも断っているように、その当時現在進行中の日記だったために差し障りのある部分は「適当に削らせていただいた」からである。
だがブームの真っ只中にあった横溝の日常が垣間見れると言う意味では、本文よりはるかに資料的価値が高いだろう。言わばブームの「裏側の裏側」の記録なのだ。
まず眼を引くのは、角川書店からの文庫重版とその部数の通知が克明に記録されていることである。 例えば、
「◎角川より重版通知四点▲夜歩く(14)六万8/17▲真珠郎(8)六万8/17▲悪魔の設計図(再)五万8/13▲犬神家の一族(22)8/12五万」
・・・などである。 その印税による税金対策に頭を悩ましている様子なども記され、77年6月25日付の日記には「今年はまだ文庫本がよく売れているからいいようなものの、来年はどうなることやらと心細きこと限りなし」などとも書かれている。
次に驚かされるのは、ほぼ毎日のように来客や電話がひっきりなしにあることで、その大部分が取材であったり、インタビューや原稿の依頼であったりしていた点である。 加えてしばしば対談等に引っ張り出されたり、細かなコメントを求められたり、果ては避暑先の軽井沢にまで押し掛けてこられたりしているのだから、一躍マスコミの寵児になった横溝がいかに引っ張りだこにされていたか、 その様子が改めてよくわかる。
尤も既に高齢の上に決して健康ではない横溝にとっては疲労も大きかったろう。例えば76年11月11日の日記には、
「昼寝のあとニッポン放送から中島、中川アナウンサー、田中のぶ女史来訪、一回八分ずつ五回分のインタビューをうけ、そうとう疲れる」
とある。だったら断ればいいのに、とも思うが、頼まれたら断れない性格や持ち前のサービス精神が邪魔をしているらしく、 そもそもこの「真説金田一耕助」も当初7回の予定で受けたのに連載が始まってから1年間に延長してほしいと要請され、日記には「あとで後悔するとしりながらOKす。われながら困ったものである」と記されている。
また、空前のブームで出版社に顔が利くようになった(と、思われている)横溝が、往年の作家仲間の遺族から再刊の口利きをしつこく頼まれて閉口している様子なども記されていて、これもまた精神的な負担になったであろうことが想像される。 当時エッセイやインタビューでブームが嬉しい反面で何かと面倒でもあることを強調していたのが、決して誇張ではなかったことがわかるのである。

日記には、映画化やテレビ化の経緯も書かれている。
例えば「犬神家の一族」の大ヒットを受けて、ロードショー公開から4日後の76年10月20日には早くも東宝から「悪魔の手毬唄」映画化の話を持ち込まれている。 そして23日には東宝と契約し、記事には「原作料百五十万円也」と金額まで記されている。 ところが11月11日の記事になると、「東宝解約改めて春樹君と契約。その代り原作料五十万円上積となる」と書かれている。 つまり最初は角川春樹事務所を介さず東宝と直に契約し、その直後に角川と契約し直しているのである。
どういう経緯でそう言うことになったのかわからない。 ただこの頃、「犬神家の一族」の制作費使途不明を巡って角川春樹と東宝側が告訴合戦を繰り広げると言う騒動が起きている。 結局示談で収まったようなのだが、角川と東宝とは決別し、「悪魔の手毬唄」からは東宝の単独製作になるのだ。
そうしたことは横溝の日記には一切触れられていないが、 翌77年3月7日の記事で「以後、拙作の映画、テレビ化一切春樹事務所に一任する旨契約を入れる」ということ になるのは、一連の騒動の成り行きも反映した結果ではないかと推測される。単行本への収録に当たって省いた日記の「差し障りのある部分」とは案外、そのあたりを指すのかもしれない。

日常生活の面では、野球好きの横溝が執筆の傍らでラジオとテレビのナイター中継を聞いていたり、 結構テレビ好きで「花くれない」「大草原のちいさな家」「花神」「お国自慢にしひがし」などの番組を見ていたりとか(NHKがお好みだったらしい)、 「歌のグランドショー」を見て「こういうのがだんだんつまらなくなるのはトシのせいか」などと自嘲しながら、懲りずにまた 「レコード大賞から紅白歌合戦。延々4時間45分歌を聴い」て「食傷気味」になっていたりしている。
ちなみに横溝は山口百恵のファンだったらしい。76年12月21日の日記には「週刊文春より電話で原稿の催促。あわてて『わが愛しの百恵ちゃんへ』を半ペラ五枚かく」、 12月27日にも「大急ぎでブッツケ本番で『百恵ちゃんジレンマ』をかき東京新聞の使いに渡す」と言う記事があって、忙しい合間に山口百恵に関するエッセイを2本も書いているのである。
一方、この頃の横溝は盟友の城昌幸や延原謙など同時代の友人知己を相次いで失った時期でもあった。日記には「なんだか物悲しくて」常用している精神安定剤や酒の量が増えていたり、それでも「物悲しさは去らず。いやいっそう物悲しい」などと 心情が吐露されていたり、老作家がブームの喧騒の影では寂寥感にも包まれていた心境が伺える。

関連タグ: 横溝正史

テーマ:ミステリ - ジャンル:小説・文学

前のページ 次のページ

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。